スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

キンドルとは?

2009/08/21 金曜日

キンドルとは?

米アマゾンが販売する電子ブックリーダーです。本のためのiPodをコンセプトにアマゾンは3年の開発期間を経て、2007年11月に「キンドル」の発売を開始。2009年2月には第2世代の「キンドル2」、同年6月には大画面ディスプレイの「キンドルDX」を発売している。


007.jpg


キンドル用のデジタル書籍はすべて米アマゾンが発売し、通常の新刊書籍の価格が25ドル程度であるのに対し、キンドル版を10ドル前後と格安で提供。しかも、ほとんどのキンドル書籍の第1章を「サンプル」として無料提供している。2009年7月の時点で、米アマゾン内のKindle
Storeでダウンロード可能なデジタル書籍は30万冊を超えている。

キンドル向け書籍のリスト


新聞・雑誌もキンドル向けにデジタル版の提供を行っている(定期購読料は5ドル99セントから14ドル99ドルまで)。

キンドル向け新聞のリスト


キンドル向け雑誌のリスト



キンドル向けコンテンツの購入方法は至って簡単で、アメリカ国内にいる場合は、キンドルのデータ通信(whispernet)を利用してワイヤレスでダウンロードすることができる。アメリカ国外にいる場合は、まずはコンテンツをPCにダウンロードしてから、USBケーブルを介して、キンドルに移動させる方法を取る。


005.jpg


米アマゾンはキンドルの販売台数を公表していない。しかし、09年5月、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、キンドル版書籍の売上げが書籍全体の35%に達したと発表しており、アメリカの読者層においてキンドルが急速に浸透していることは明らかだ。(THE BUSINESS INSIDER

日本を含む、アメリカ国外でのキンドルの発売予定はない。




amazon kindle 販売店 キンドル堂へ
スポンサーサイト

| 06:14 | 基本情報 | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。