スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

nookとkindle2の機能対決

2009/10/25 日曜日

今回もBarnes & Nobles(以下、B&N)が発表した新電子書籍リーダー、nookについてです。

電子ブックリーダー市場において先行するキンドルに対して、果たしてnookは勝つことができるのでしょうか? 機能・価格帯でライバルとなるキンドル2とnookを比較してみましょう。


032nook.jpg

nook Product Comparison


 B&Nのサイトにはキンドル2とnookの比較が掲載されています。B&Nのサイトですから、当然、nook寄りです。Replaceable colorful back coverとかPersonalize screensavers with your photosとか、取るに足らないような特徴までを列挙して、いかにキンドル2より優れたデバイスかをアピールしています。ただ、そうした点数稼ぎのためだけにある特徴を省いてみても、キンドル2よりもずっと優れていることがわかります。

タッチスクリーン式で操作性に優れていることや、micro SDカードに対応している点、OSがAndroidである点などは前回お伝えしましたが、他にも長所がたくさん。

たとえば、Wi-Fiに対応しているので、3G通信の感度の悪いところでも安心してネットワークにアクセスできます。また、PDFファイルを読む場合、キンドル2の場合は変換しなくては読めません(キンドルDXはネイティブ対応)が、nookはネイティブで対応しています。バッテリーの交換が可能な点や、バッテリーの持ちがいいのも嬉しい機能です。

個人的に非常に面白いと思うのは、LendMeという機能です。nookを使えば、自分が購入したデジタル書籍を知人に貸すことができるのです。しかも、貸し出す相手はnookユーザーである必要がありません。B&Nの専用アプリをダウンロードすれば、WinでもMacでもiPhoneでもiPod TouchでもBlackBerryでも読むことができるようになるというのです。貸し出しは一回のみ、期間は14日間という条件がついているものの、とても魅力的な機能だと思います。

逆にキンドル2にあって、nookに欠けているのは読み上げ機能とブラウザ機能です。キンドル2のブラウザ機能はほとんど使い物にならないので関係ありませんが、読み上げ機能がないのはちょっと寂しいですね。

CrunchGearには、他の電子書籍リーダーもあわせた総合的な比較が載っています。
http://www.crunchgear.com/2009/10/20/chart-how-the-nook-stacks-up-in-the-ereader-race/

GIZMODOには、「(nookのおかげで)電子書籍リーダーをようやく好きになる8つの理由」という記事が載っています。
http://gizmodo.com/5386176/8-reasons-you-can-finally-love-ebook-readers-thanks-to-nook/gallery/


結論から言えば、現時点においてnookは電子書籍リーダーのなかでベストと言えそうです。もっとも、nookはまだ未発売ですが(全米発売は11月30日)。

次回は、個人的にもっとも気になるテーマ(「果たしてnookは日本で使用できるのか?」)を検証します。お楽しみに。



amazon kindle 販売店 キンドル堂へ     にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
スポンサーサイト

テーマ : 洋書 - ジャンル : 本・雑誌

| 11:31 | nook | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。